僕が介護予防の活動を続ける理由【運動指導】

体操

 

この記事は、

高齢者に運動指導をしたい

介護の現場でも積極的に運動を取り入れたい

といった方向けの記事となっています。

 

僕は、デイサービスで約4年間、機能訓練指導員として勤めていました。

当時勤めていたデイサービスは、

  • 3時間の半日デイサービス
  • 運動が8割
  • 要支援1~要介護2が大半を占める
  • リハビリを目的に通所している

上記が主な特徴でした。

介護の現場ではありますが、利用者の身体機能は高く、皆さまがイメージしている介護と少し違うかもしれません

しかし僕にとっては、このデイサービスが初めての職場で、介護予防と言ったら運動を連想をします。

今回は、高齢者の運動指導のみをしてきた僕が、介護予防の活動を続ける理由をお伝えします。

 

僕が介護予防の活動を続ける理由

 

介護予防の活動を続ける理由は、3つ。

  • 高齢者が好きだから
  • 予防をしていくことが重要だから
  • 身体の専門家だから

上記になります。

まさに天職。

好き」「必要」「得意」のビジネスにおいて必要な要素がすべて揃っている。

それが、現在の活動だと感じています。

 

図に書いてある3つの円。
どれも重要になってきますが、1番大切な要素は「好きなこと」であること。

 

好きで楽しいからという理由で活動を始め、かれこれ2年半くらい続けています。

好きなことでないと、続きません。

 

予防をすることの重要性を感じたから

 

僕は、日本の介護業界に怒りを持っています。

  • 介護保険の負担額の引き上げ
  • 介護離職
  • 介護離婚
  • 介護職員の人手不足
  • 上司からのパワハラ

上記のようなことが、これからも加速していくでしょう。

 

また「介護」というワードに、ネガティブなイメージを持つ方が多いのも事実です。

そして、高齢者1人が介護状態になってしまうと、本人のみならず、家族や周りの人の負担も大きくなります。(介護離職、介護離婚など)

高齢者が増えるにつれて、苦しくなっていくのが、今の介護業界。

 

様々な対策を取っている団体が多いですが、僕の考えとしては、

てつろー
要介護状態を防いでいく活動に、もっと力を入れる必要があるんじゃね?

というのが、根底にあります。

畑が運動型デイサービスということもあって、誰かに介助をしてもらって、生活をしていくということに対して、否定的です。

高齢者自身に、日本の介護の現状を伝え、要介護状態にならないという強い意識を持ってもらう

そのために自分ができることをして、貢献していく。

僕がフォーカスを当ててるのは、介護職員ではなく、高齢者です。

 

得意なことで、高齢者の役に立ちたかったから

 

デイサービスに勤めている時から、フリーランスとして独立することを意識していました。

健康寿命を延ばしたい!という想いからフリーランスになって感じたこと【メリットとデメリット】

 

勤めている時は、

自分の経験を活かしたことで、お役に立ちたい

ということを考えていました。

経験を活かせることと言ったら、

  • 機能訓練(リハビリ)
  • マッサージ
  • 体操

上記になります。
結論から言うと、3つすべてやりました。

その中でも、体操は僕自身やっていて1番楽しいと感じていて、多くの回数こなしてきたので、得意分野でもありました

【自立支援】事業所以外で体操がしたい方へ【介護予防】

 

体操をして、多くの高齢者を元気にしたい

とにかく、一緒に楽しい空間を共有したい

この想いで、活動を続けて今日に至ります。

 

高齢者の運動指導をしたいと思っている方へ

 

高齢者の体操などの運動指導をしたい方へ。

僕からのアドバイスは、1つだけ。

まずは、始めてください

始めないと、何もアドバイスなどはできないので、どんな形であれスタートをすることが超重要です。

始め方のノウハウは、こちらの記事からご覧ください。

【介護予防】高齢者向け体操教室の始め方

 

もし、あなたが施設に勤めていて、

体操したいのだけど、人手不足で時間が確保できないよ

ということもあるかもしれません。

それでも体操をしたいと思っている方は、外部で始めることをオススメします

公共施設では、介護予防の活動をしている団体が多くあるので、参考にしてみるのもいいと思います。

 

僕は介護予防の活動をしている方を全力で応援します!

共に、高齢者の自立をサポートしていきましょう!!

 

YouTube【てつまるチャンネル】

てつまるチャンネル

チャンネル登録よろしくね!