老人性うつと認知症の違い【治療法も含めて解説】

疾患

 

先日、ネプチューンの名倉潤さんが、うつ病のための治療のため、2ヵ月間の休養を発表しました。

参考:ネプチューン名倉潤、うつ病のリハビリで約2ヶ月休養「体調を回復させて戻って参ります」

昨年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術をし、その後の生活で、首にかかるストレスから、うつ病を発症したと伝えています。

 

名倉さんは、現在50歳。

うつ病にかかる年齢層は広いですが、65歳以上に発症するうつ病老人性うつと言います。

 

老人性うつは、認知症と間違われやすいと言われています。

今回は、老人性うつと認知症の違いに加え、主な治療法をお伝えしていきます。

 

老人性うつと認知症の違い

 

まず、老人性うつとはどういう症状なのか?

おさらいしていきます。

老人性うつとは正式な病名ではありませんが、65歳以上の高齢者がかかるうつ病の呼称です。

参考:介護専門家が答えるQ&A

簡単にまとめると、65歳以上の方がうつ病なったら老人性うつと呼ぶそうです

では、一般的にうつ病の症状とは、どのようなものがあるのか?

主なうつ病の症状は下記の通りです。

  • 意欲低下
  • 不安障害
  • 自己効力感の低下
  • 睡眠障害
  • 悲観的な思考
  • 自殺企図

などが上げられます。

一般的なうつ病の症状と、さほど変わりはないですね

 

では、認知症とはどういう症状なのか?

これは、多くの方がご存知かと思うので、ここでは割愛しますが、おさらいをしておきたい方は下記の記事をご覧ください。

デイサービスで50人以上の認知症を見て感じた、予防するために欠かせない「物質」

 

では、本題に入ります。

老人性うつと認知症の違いはなにか?

  • 進行速度
  • 自覚症状
  • 記憶障害

上記の3つに、顕著な違いが見られます。

この3つに対して、深掘りしていきます。

 

進行速度

 

まずは、進行速度が違います。

認知症は、初期の症状はほとんど気づかれることなく、長時間かけて進行していくのに対し、老人性うつは短期間で症状が見られます

  • 仕事を退職してすることがなくなった
  • 身内が亡くなって衝撃を受けた
  • 引っ越しなどで、住む環境が変わった

などといった、きっかけが起こることで、1か月くらいの短い期間で発症することが多いです。

 

自覚症状

 

うつ病という精神疾患であり、決してボケているわけではないので、

もしかしたら、うつ病なのかも(;_:)

という自覚書状があることも、特徴の1つ。

認知症も決してないわけではないのですが、それは初期症状まで。

進行するにつれて、関心もなくなり、自分が認知症だということすらもわからなくなります

 

老人性うつは、自覚症状がある分、

  • 自己嫌悪感
  • 絶望感

などが、より強くなります。

陥れば陥るほど、重症化していきますね。

 

記憶障害

 

記憶障害は、老人性うつにも認知症にも見られる症状です。

しかし、症状の特徴は全く違っていて、

  • 認知症:最初は軽度→徐々に進行して重くなっていく
  • 老人性うつ:ある日、突然思い出せなくなる

といった状態になります。

認知症は、徐々に進行していき、最終的には自分の行動を忘れてしまう(ご飯食べたことなど)ので、不安を覚えることはありません。

 

それに対して老人性うつは、突然数日前のことが思い出せなくなり、それによって不安感がさらに高まると言われています。

自分が誰なのかという自覚症状がある分、不安も強くなるのは、想像ができますね。

 

老人性うつの治療法

 

老人性うつと認知症の違いは、他にもありますが、主な違いとして

  • 進行速度
  • 自覚症状
  • 記憶障害

上記の3つを解説しました。

 

続いては、老人性うつの治療法について、お伝えします。

治療法は、人それぞれ症状が違うので、まずは専門医に相談することがオススメです。

主な治療法としては、3つ。

  • 環境を変える
  • 薬物療法
  • 精神療法

上記になります。

 

環境を変える

文字通り、住む環境を変えることです。

引っ越しをしたり、家族と住んだりすることで、自分がくつろげる空間に身を置くことで、改善する方法

症状によっては、介護施設や入院などをして、改善していくという方法もあります。

 

薬物療法

抗うつ剤などの薬物を使用する方法です。

一般的なうつ病の治療とかわらないのですが、血圧が上がるなどの副作用もあるので、お医者さんの判断に任せてください。

 

精神療法

心を安定させるために、会話をしたり、無理のない範囲で人と接点を持たせたりしながら、徐々に回復させていく方法です。

これが一番自然な治療法だと思います。

ただ、この時に「がんばれ」などの励ますような言葉はNG。

プレッシャーになり、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

 

何よりも重要なのは、周りの理解

 

最後に、僕の体験談をお話させてください。

僕は高校3年生、18歳の時に、うつ病になりました。

 

熱中していた部活を引退し、無力感と、空虚感に襲われて、

てつろー
もう、どうにでもなっちまえー

と思っていた時期がありました。

何をするにしても、やる気が出ず、つまらなくて、病院に受診してみたら、うつ病と診断されたのです。

驚きと安堵感が入り混じった感覚だったのを覚えています。

学校もかなり休んでしまい、卒業もギリギリでした笑

 

先ほど、お伝えした治療法もすべて実施しました。

しかし、すべて効果がなかったのを今でも覚えています。

薬物療法に関しては、睡眠薬を大量に服薬して、自殺未遂になったことも(‘_’)

 

それよりも、当時の僕にとっての1番の救いとなったことは、周りの理解でした。

家族、学校の先生、友達、当時の彼女などが、この症状を理解してくれたから、無理なく自分のペースで治すことが出来たのです

 

どんなに、優秀な医者でも、最新の治療法でも、周りの人のサポートには敵いません

 

うつ病を発症したら、まずはその病気を理解してあげる

これが一番の治療法だと、僕は経験しました。

 

YouTube【てつまるチャンネル】

てつまるチャンネル

チャンネル登録よろしくね!